2017年12月14日木曜日

KIK01 作戦検討その6

KIK01は、ベースマシンと比べるとハードウェアで作った回路は増えたが、ファームウェアはあまり複雑なことはやっていない。

漠然と妄想していることはありますが、アナログ回路でもっと試してみたいことがあるのでまずは収束させる方向で考えます。


マシン・マシン・インターフェイス


リズムマシンや、ベースマシンと同期をとるためにSyncIn、SyncOutを設ける。

それぞれ単体ではテスト中ですが、まずはリズムマシンの子としてキック・パートを担当できるように、リズムマシンとSyncInで結合してみたいと思います。

マン・マシン・インターフェース


パラメータ設定はPOTx8 Lunch BoxPOTx16 Pizza Boxで24個のアナログ値(10bit精度)の設定デバイスを作ったので、まずまず自由度はありそう。

システム側からのアラートは、UART経由だとパソコンと接続する必要がある上に、CPU時間をかなり消費するのでLEDで表示することにした。

UARTのCPU時間はSPIの比ではなく、ちゃんと調べてはいないが、SPIがマイクロ秒オーダーだとすると、UARTはミリ秒オーダーで1000倍ぐらい違う感じだ。

構想中のMonitor LEDs


Power LED: 正常時:常時点灯 / 電圧低下:ゆっくり点滅 / 過電圧:速く点滅
Beat LED: 出力のBeatに合わせて点滅
SyncIn LED: SyncInのタイミングで点滅
SyncOut LED: SyncOutのタイミングで点滅

同時に点滅するとよくわからない状態になるのでどうしたものか。

メモ:


SyncOutは現状のファームウェアでは1/4Beatで出力している。

mbed Repogitory:
https://os.mbed.com/users/ryood/code/KIK01_Proto08/ revision:34

KIK01 筐体の製作 天板とバックパネル

天板


ホムセンで売っていた三菱レイヨンのアクリ・ライトを使った。(アクリル・サンデー取扱)

硬質塩ビに比べると透明度が高く、硬い。

穴あけで失敗


捨て板(ダイソーの板材)を下に敷いて、ミシン・オイルを差しながら穴あけをしたが、油断して一度だけ捨て板から浮かせてドリルで穿孔したら、見事にひび割れてしまった。


ドリルで穿孔するときは1.5mmか2mmで下穴を開けてから目的のサイズの穴を開けるようにているが、2回目の穿孔の時に「まあ大丈夫だろう」と浮かせたのが原因だ。しっかり捨て板に押し当てるようにしないとだめっぽい。

他の部分でも色々と失敗しているので、妥協してこのまま使うことにした。(わたし、失敗しますので(^q^;

バックパネル


バックパネルは、底板と同様にダイソーのクリップボードを切り出して使った。底の方は少し隙間を開けてPOTx8 Lunch Boxに接続するフラット・ケーブルを通せるようにしている。

まだ内部をいじる予定なので、電源用のDCジャックとトグルスイッチ以外のコネクタにはまだ配線していない。

蝶番のサイズ


蝶番は和気産業のBH-510というタイプを使ったが、画像の「ここ」の長さが短いので、蝶番の逆側をアクリル板の表側に回せなかった。

もう少し長いタイプなら、アクリル板の表側に回してきれいに固定できそうな気がする。

アクリル板は買ったものをちょうど半分に切って使っているので、気が向いたら作り直すかも。

MDFで作っているフレームは、見栄えのために黒色で塗装しようと思っています。←結局塗装が一番お金がかかりそう(^q^;

筐体に使った材料


アクリライト(透明) 300✕450✕2mm 648円(ホムセン)
蝶番 BH-510 120円(ホムセン)
MDF 200✕400✕6mm 100円(ダイソー)
補強用角材 100円(ダイソー)
A4クリップボード(黒) 100円✕2個(ダイソー)
木ネジ(2.1mm✕10mm)、手持ち
皿ネジ・ナット(M2✕10mm) 手持ち

2017年12月11日月曜日

こんどはNucleo F446REのDACを破壊してしまった(TqT;


KIK01のエンベロープ波形出力に使っている内蔵DACの出力端子のPA_4(Arduino HeaderのA2)を破壊してしまったようだ。

AnalogOutテスト
https://os.mbed.com/users/ryood/code/Nucleo_sinewave_output/ Revision:2

PA_4のみ出力されず

DigitalOutテスト
https://os.mbed.com/users/ryood/code/Nucleo_blink_led/ Revision:1

PA_4のみ出力されず

AnalogInテスト
https://os.mbed.com/users/ryood/code/Nucleo_ADC/ Revision:0

A2の読み取り値のみ0~800程度。
3V3を印加するとUART出力が停止。抜くとRESETがかかる。

電源を入れずにPA_4、ArduinoHeaderのA2とGNDの抵抗値を測ると1Ω程度になっていた。他のA0~A5はHiZ。

原因は不明。DAC出力を短絡したとかだと保護機能が働くと思いますが、どうなんでしょう。

PA_4、A2を使用しなければ他は使えそうですが、最近事故が多いのでもう少し慎重にやることにします。