2016年12月1日木曜日

SVF(State Variable Filter)の音出し

自作のPCM5102Aを使ったファンクションジェネレータで60Hzのノコギリ波を出力して、SVFを通してみた。

配線図


POTをつないで、Cutoff周波数とQを手動で変化させている。


メモ:


Qを決めるR2を0Ωにすると音がでない。

Cutoff周波数を最大まで上げると(R4=R5=0Ω)可聴帯域外で発振する。

Cutoffを決めるR5/R6は値が高いほど周波数が低くなるので普通のPOTを使うと感覚的に逆回転っぽくなる。

可変抵抗/デジタル・ポテンショメータと固定値の抵抗を直列にして、ゲタをはかせた方が良さそう。